現在位置: ホームの中の パートナー事業とは

パートナー事業とは

 京都府内では、これまで社会福祉協議会や社会福祉施設、NPOなどの関係者の連携・協働により、地域福祉の推進に取り組んできました。
一方、京都には先進的な企業経営や技術力での高い評価を目指し頑張っておられる企業が多数あります。
そこで、京都の産業界と連携を図りながら、福祉と企業がパートナーとして協働して取り組む「地域展開型CSR活動」を推進することを目的とした事業です。
京都企業におけるCSRの多様な展開と、これからの京都の福祉を創造しようする探求が結び合い、京都における福祉と企業の新たなパートナーシップをめざします。

 

地域展開型CSR活動とは・・・

CSR(Corporate Social Responsibility、企業の社会的責任)を実現するための企業の取り組みのうち、地域の福祉を高める社会資源(社会福祉協議会、社会福祉施設、福祉NPOなど)と連携・協働して行う取り組みを指す(京都府社会福祉協議会が提唱)。



企業と福祉の連携のイメージ

図1.jpg





段階にあわせた支援を行います

 STEP1 知る
地域展開型CSR活動に関する情報提供(地域で活動する福祉施設や団体の紹介、セミナーの案内等)
 STEP2 はじめる
気軽に始められる地域展開型CSR活動のメニュー紹介、社員の福祉研修などのコーディネート
 STEP3 すすめる
企業の本業を生かした協働プログラムの開発・実施
 


地域展開型CSR活動によって「3つの力」が高まります
3つの力.jpg

   地域展開型CSR活動の具体例はこちら
   リーフレットはこちら

   事業説明資料はこちら

本事業に関するお問合せ先
京都府社会福祉協議会 きょうと福祉パートナー事業推進チーム
TEL:075-252-6292/FAX:075-252-6310

インフォメーション

イベント情報などを掲載しています。

活動紹介

企業と連携・サポートして実現した活動内容を紹介しています。

パートナー事業の発行物

パートナー事業で作成した報告書、リーフレットなどをPDFで掲載しています。