コンテンツ
  • 地域福祉・ボランティア活動情報
  • 福祉サービスを利用したい方へ
  • 福祉の仕事と資格について
  • 市町村社協・福祉事業者の方へ
  • 京都府社協のご案内

その他の項目

もえくさ(2017年3月)

 年度の締め3月で皆様も、決算や事業の追い込みで忙しい日々を送られているのではないでしょうか▼ものの考えようによっては、この忙しい時期があるがため、少し無理をしてでも事業にきりをつけようと思うし、新たな年度への足がかりができればと考えたり、次の事業展開を考えながら、わくわくした気持ちで取り組めばよいのである。それを付け焼き刃でやってしまうから消化するだけで、事業に対する思い入れというか前を向いた気持ちがないまま、次年度につながらないものとなってしまう恐れがあるので気をつけたい▼桜が咲き、世間が浮かれている時期に青息吐息で事業をしていることだけは避けたいと思ってはいるが、最悪の事態をまねくこともある。目標や計画を高く掲げることは大切だと思うが、身の丈にあったことを速やかに行い、失敗ややり直しができる時間的な余裕を持ちたいものだ。PDCAサイクルで事業を見直して、新たな事業に活かし、取り組んでいきたいと思っているが...▼スポーツ選手は、基本に忠実に反復練習を繰り返し、不得意なところを克服することにより、試合で力を発揮することができると聞く。仕事でもその姿勢を活かし、本番に強い人間になりたいと思っている。結果ばかりを追うことのないよう気をつけていきたいものだ。(C・S)