コンテンツ
  • 地域福祉・ボランティア活動情報
  • 福祉サービスを利用したい方へ
  • 福祉の仕事と資格について
  • 市町村社協・福祉事業者の方へ
  • 京都府社協のご案内

メインコンテンツ

介護保険に関する相談窓口

 サービスの内容が説明や約束(契約)と違うなど、サービスについて不満や苦情があるときは、介護サービス事業者が設ける相談・苦情窓口へ連絡し、相談することが出来ます。

 介護サービス事業者は、提供したサービスに係る利用者及びその家族からの苦情に、迅速かつ適切に対応するため、苦情を受け付けるための窓口を設置する等の必要な措置を講じ、また苦情を受け付けた場合には、その内容等を記録することが義務付けられています。

 また、介護サービスについてわからないこと、不安なこと、相談の内容について介護保険事業者との間でも解決できない場合は、介護サービス計画(ケアプラン)を作成した介護支援専門員(ケアマネジャー)や地域包括支援センター、市町村の担当窓口などでも相談出来ます。ケアプランを作成したケアマネジャーなどは、ケアプランに位置付けたサービス等に係る利用者及びその家族からの苦情に、迅速かつ適切に対応し、また苦情を受け付けた場合には、その内容等を記録することが義務付けられています。

 事業者と介護支援専門員(ケアマネジャー)等に相談しても改善されない場合は、お住まいの市(区)町村、京都府介護福祉事業課、地域包括支援センター、京都府国民健康保険団体連合会に相談窓口(下記)が設置されていますので、こちらにご相談ください。

(直接市(区)町村、地域包括支援センター、京都府国民健康保険団体連合会の相談窓口に相談することもできます。)

京都府健康福祉部高齢者支援課:電話 075-414-4570・4674
○介護保険制度の保険料や認定結果関連などのお問い合わせや苦情・相談の総合窓口です。
地域包括支援センター
○介護が必要な方や虚弱な高齢者の方の総合的な相談窓口です。
介護保険サービスの契約やケアプランの内容についての相談も受け付けています。
高齢者情報相談センター:電話 075-221-1165
○高齢者及びその家族の抱える保健・福祉・法律など、生活全般にわたるさまざまな心配ごとの相談に応じている機関です。
認知症の人と家族の会:電話 075-221-1165
○認知症に関わる当事者を中心とした民間団体で、面接による相談や電話相談に応じている機関です。
京都府国民健康保険団体連合会:電話 075-354-9011
○介護サービスに関する苦情相談
サービス提供事業所に相談しても、サービスの内容について改善されない場合は、国民健康保険団体連合会(国保連)に苦情を申し立て、サービス提供事業者への調査・改善を要求することも出来ます。
国民健康保険団体連合会では、苦情処理委員会により、苦情申し立ての内容を調査し、介護サービスの提供について改善すべき点があれば、事業者に対して改善を要求します。