その他 調査研究
公益財団法人 日本社会福祉弘済会
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-24-3 Tel.03-3846-2172

平成29年度公益財団法人日本社会福祉弘済会助成事業

募集終了

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

平成29年度 公益財団法人日本社会福祉弘済会助成事業について
<〆切:12/15(金)消印有効>
HP: http://www.nisshasai.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1. 助成対象事業と助成対象経費
【研修事業】
(1)対象事業
〇福祉施設職員の方などを対象としたケース
福祉施設職員等が幅広い視野と専門性を持って福祉サービスの支援業務向上に携わるために実習する研修事業
〇地域住民の方などを対象としたケース
福祉サービスのあり方や専門的知識・技能の習得などをテーマとして開催される集合研修事業(研修会、セミナー、講演会など)

(2)対象経費
講師謝金・交通費・宿泊費・会場費・報告書作成費

【研究事業】
(1)対象事業
〇福祉サービスの向上等を目的とした先駆性ある事業の実践を通して行われる研究事業
〇社会福祉関係者の専門性の向上、現任訓練の方法や体系、また就労、福利厚生などをテーマとする調査研究事業

(2)対象経費
研究事業費・調査経費・謝金・原稿料・報告書作成費

2. 事業実施期間と助成金額
(1)事業実施期間
平成30年度(平成30年4月から翌年3月末)中に実施される事業

(2)助成金額
1件(1団体)あたりの上限額50万円(総額2,000万円以内)
※助成対象経費合計の80%以内かつ50万円以内となります。

3. 申請条件
(1)申請団体は社会福祉事業や福祉施設の運営、福祉活動などを目的とする社会福祉法人、福祉施設、福祉団体などとします。(申請は1団体、1事業とします。)

(2)法人格のない任意団体、グループは申請書下段に市区町村社会福祉協議会の推薦を得て、申請書をご提出ください。

(3)反社会的勢力及び反社会的勢力と関係すると認められる法人、団体からの申請は受付けられません。

(4)助成対象となった場合、団体名、代表者氏名、所在地、事業内容、助成金額等を公表させていただきます。また、実施事業に参加もしくは事後に訪問させていただくことがありますので、ご了承の上お申し込み下さい。

4. 申請方法
(1)申請書:公益財団法人 日本社会福祉弘済会HPよりダウンロードの上、ご使用ください。

(2)申請期間:平成29年11月1日〜平成29年12月15日(消印有効)

(3)提出先:〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-24-3
公益財団法人 日本社会福祉弘済会
助成事業係 TEL:03-3846-2172

※申請書に記載されている個人情報は本事業の選考に関わる業務にのみ使用し、それ以外には使用いたしません。

5.添付資料
申請時に下記資料を添付の上、申請書と共にご提出ください。
/柔礎賃里猟蟯勝頁ぐ嫦賃里狼則、規定)
⊃柔礎賃両匆陬僖鵐侫譽奪箸簔賃糧行の機関誌など
申請団体の直近の事業報告、決算書
た柔礎賃里量魄(会員)名簿

6. 審査と結果通知
(1)申請案件は厚生労働省専門官の予備審査後、選考委員会の選考を経て、理事会(3月開催)で決定します。
(2)選考結果は採否に関わらず決定後、各申請団体に書面にて通知いたします。
(3)申込み書類は返却いたしません。

7. 事業完了報告書の提出
助成事業終了後1ヶ月以内に、事業完了報告書をご提出下さい。
※事業完了報告書の作成要領は、助成決定時にご通知いたします。

※留意事項
【対象とならない事業】
営利活動、宗教活動、政治活動を含むもの。又これらの目的のために利用される事業

【対象とならない経費】
人件費、運営費、物品購入費、一般管理費等

【審査で問題になったケース】
〇介護福祉士、社会福祉士など個人的な資格取得研修の経費
〇職員全員による連泊を伴った遠方への施設見学
〇保育園の遠足等施設本来の事業と思われるもの
〇会食やパーティーが中心と思われる交流会的要素の研修
〇高額すぎる講師謝金や会場費(講師謝金が10万円以上の場合は理由書の提出をお願いしております。)
〇申請団体に所属する理事に対する講師謝金
〇申請団体に所属する職員への日当支払

検索TOPに戻る