高齢者対象活動 障害者対象活動 子ども対象活動 イベントキャンペーン活動一般
社会福祉法人 丸紅基金
〒100-8088 東京都千代田区大手町1‐4‐2 丸紅ビル 12階 Tel.03-3282-7591・7592

丸紅基金 2018年度(第44回)社会福祉助成事業

募集中(〜 2018/05/31)

==============================================================================
【民間助成】社会福祉法人丸紅基金「2018年度(第44回)社会福祉助成金」
HP:http://www.marubeni.or.jp/
==============================================================================


当基金は、国民福祉の向上に資することを目的とし、社会福祉事業に対する助成を行うため、丸紅株式会社の拠出金により、1974年9月厚生大臣の認可を受けて設立されました。設立の翌年、1975年より全国の福祉施設や団体が必要とする設備、機器、車輌、家屋のほか、各種団体が行う調査・研究活動などの資金助成として毎年約1億円の助成を継続し、本年で44回目を迎えました。
つきましては2018年度助成金の募集を、下記のとおり実施いたします。


1.助成金額・件数
助成金総額は1億円を目処とし、50件以上の助成を行います。
助成申込金額は限定しませんが、1件当りの助成金額は、200万円を上限とします。


2.助成の対象
当基金の助成は、わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するものを対象とします。

(1)申込者(実施主体)は、原則として非営利の法人であること
(ただし、法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象とする)
(2)明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること
(3)助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること
(2018年12月から2019年11月末の1年間で、申込案件が実施・完了される事業が対象)
(4)一般的な経費不足の補填でないこと
(5)申込案件に、国や地方公共団体の公的補助がないこと、また他の民間機関からの助成と重複しないこと


3.選考基準
選考にあたっては、次の各項を勘案します。
(1)先駆的・開拓的な事業案件であって、社会福祉の充実・向上に波及効果が期待されるものを優先します。
(2)緊急性が高いものを優先します。
(3)社会福祉事業に従事する人々の環境改善・向上に役立つものを優先します。
(4)直近3年度以内に当基金の助成を受けている団体からの申込は、優先度が低くなります。

4.申込方法
申込は、当基金所定の申込用紙に必要事項を記入の上、下記添付書類と共に事務局宛にご送付願います。
<添付書類>
…蟯(任意団体の場合は、規約などの内部規定)
¬魄名簿(住所、氏名、連絡先の記載があるもの)
申込団体および申込対象施設の決算書(収支計算書、貸借対照表)
た醜案件に要する費用の根拠となる書面
(見積書、購入商品のパンフレット・カタログの抜粋、写しなど)
ッ賃痢施設の案内書(最近の活動状況の刊行物があれば、併せて添付してください)
λ槁瑤よび申込対象施設の所在地地図
法人格をお持ちの団体は、登記簿謄本の写し(発行日から3か月以内のもの)

なお、申込書用紙など申込関係書類は、当基金のホームページからダウンロード(http://www.marubeni.or.jp/ )されるかファックス、ハガキ、またはE‐メールにて下記を明記の上、当基金にご請求ください。
・郵便番号と住所 ・団体名 ・担当者名 ・電話番号 ・ファックス番号

5.申込受付期間
申込は、郵送のみとし、2018年4月16日(月)より同年5月31日(木)まで受付けます。
(5月31日消印のものまで有効 )

6.助成の決定、通知
助成先、金額は、選考委員会にて選考の上、評議員会、理事会に諮り、決定します。
採否の結果については、2018年10月下旬にお申込み頂いた全団体の代表者宛に通知します。

7.その他
(1)申込は1団体1件に限ります。
(2) 選考のため必要がある場合には、所定の添付書類の他に、更に詳しい書類を提出していただく、あるいは訪問調査をさせていただくことがあります。
(3) 助成が決定したときは、所定の「承諾書」、その他必要書類を提出していただいた上で、助成金を銀行振込にて送金いたします。
助成事業案件を実施した後、助成対象物件に当基金のシンボルマークを貼付し、所定の「支出報告書」「完了報告書」を提出していただきます。
また、2年後に助成事業案件のその後の状況について、「現況報告書」を提出していただきます。

<問い合わせ・書類の送付先>
〒103-6060
東京都中央区日本橋二丁目7番1号 東京日本橋タワー
社会福祉法人 丸紅基金 
電話: 03-3282-7591・7592
FAX: 03-3282-9541
E-mail: mkikin@marubeni.com 
HP:http://www.marubeni.or.jp/

検索TOPに戻る