• 京丹後市社協とは
  • 加入のご案内
  • 組織図
  • お問合せ
  • アクセス地図

見守り新鮮情報 第376号

守り新鮮情報 第376号                2020年10月20日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇
 _________________________________

 体力や体調に合わせた運動を! フィットネスクラブ等でのけがに注意
 _________________________________
<事例1>
スポーツクラブでトレーナーの指示に従って反復横跳びをしていた際、体のバ
ランスを崩して後ろに倒れ、左手を骨折した。(70歳代 女性)
<事例2>
体操教室で片足スクワットを行っていたところ、バランスを崩してしまい、横
にあったポールに左手首をぶつけてしまった。激痛を感じて病院に行ったとこ
ろ、骨折していた。(70歳代 女性)
===================================
<ひとこと助言>
☆高齢になると身体機能が弱くなり、認知機能やバランス感覚も低下するため、
 運動中の事故やけがが起きやすくなります。無理をせず、自分の体力やその
 日の体調に合わせた運動をしましょう。
☆インストラクター等から指導を受けるときは、運動経験や持病等を伝えた上
 で、自分のレベルに合った指導を受けましょう。
☆フィットネスクラブ等を選ぶ際は、万一の事故の発生を考えて、スタッフが
 常駐している、AEDを設置している等、安全管理が整った施設を選ぶと安心です。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)はこちらのURLからご覧いただけます。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mglist.html
※リーフレットの文面はメールマガジンと同じものです。
__________________________________
本情報は、消費者庁の公表情報と都道府県等の消費者行政担当部署等からの情
報をもとに編集・発行しています。

<詳細>
高齢者のフィットネスクラブ等での事故が増えています!-無理をせず自分の体
力に合わせた運動をしましょう-(消費者庁)
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_029/

●全国の消費生活センター等の相談窓口
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html






あいたん