• 笠置町社協とは
  • 加入のご案内
  • 組織図
  • お問合せ
  • アクセス地図

ボランティアセンター

ボランティアセンターは「活動したい人」「求めている人」の相談窓口で、宇治田原町社会福祉協議会が運営しています。

ボランティア活動はまず、「何かやってみよう」という自発的な気持ちが大切です。どんな活動があるのか、どんなことに気をつけたらいいのかなど、ボランティアコーディネーター(ボランティア活動の調整役)が相談にのります。

また、ボランティア活動を支援しやすくするため、活動希望者に対してボランティア登録を受け付け、加入を促進しています。

ボランティアセンター7つの役割

1. ボランティア相談、情報の提供
ボランティアセンターでは、活動先の紹介や地域の状況などボランティアに関する様々な情報を提供し、あなたの活動相談にアドバイスをします。
「ボランティアセンターだより」を奇数月初に発行し、あなたのお手元にホットな情報をお届けします。

2. ボランティア保険の窓口
ボランティア活動も「事故」はつきものです。万一の事故に備え、ボランティアセンターでは福祉の保険として「ボランティア保険Aプラン300円」や「行事保険」などを取り扱っていますのでご相談ください。ボランティア登録をすれば、センターが加入手続きを行い、保険料を一部負担(100円)します。
福祉事業者向けには総合補償制度「まごころワイド」があります。

3. ボランティアの活動希望者と援助希望者のマッチング(需給調整)
ボランティア活動をしたい人とボランティアによる援助を求めている人をつなぎます。また、斡旋活動の場を提供します。

4. ボランティア活動の応援
ボランティア活動であっても、活動経費は欠かせないもの。活動助成や活動に必要な機材を貸し出したり、ミニコミ紙をつくるための印刷機、ボランティアルーム(ミーティングスペース、ボランティアボックス)などを開放しています。

5. ボランティア講座、研修の実施
今すぐにボランティア活動をはじめるのはちょっとためらいを感じる方のために、ボランティア入門講座や体験コーナーなど楽しい企画を用意しています。
その他、ボランティア連絡会、ボランティアのつどい、ふれあいサロン(ボランティア)交流会なども開催し、活動者の横のつながりづくりを心掛けています。

6. 連絡調整
ボランティアセンターは、地域の福祉団体、行政や社会福祉施設などと連携し、安心して住むことができるまちづくりをすすめています。ボランティアセンターの有しているネットワークを活用してください。個人で解決することが難しい問題もボランティアセンターと相談し、調整を依頼することもできます。

7. 調査・研究
ボランティア活動に関するさまざまな課題や、地域のボランティアに関する参加意識、その他全般にわたって調査や研究活動を実施しています。

◆その他、ボランティアバンク運営委員会事業として、

  • 学童・生徒のボランティア普及事業(福祉協力校の指定)
    〔町社協指定〕・維孝館中学校 ・宇治田原小学校 ・田原小学校
  • 社会福祉体験学習(施設活動型)
  • 災害ボランティアセンターの運営(研修・訓練・設備拡充)

「ボランティア」とは、ラテン語で「自由意志(Voluntas)」、フランス語で「喜びの精神(Voluntas)」、英語の名詞では「志願兵、義勇兵(Volunteer)」動詞では「自発的に申し出る」という意味で訳されています。

日頃社会の中で疑問に思っていることや、地域の問題などを解決するために、自分の意思で自分のできることから主体的に取り組む姿勢がボランティアの基本です。ほんの少しの勇気と行動がボランティア活動のきっかけとなり、一人ひとりの思いが活動の充実につながります。

ボランティア活動は、たくさんの人たちとの出会いやつながり、新しい自分を発見するきっかけとなり、あなたやその周りの人たち、そして地域が活き活きとする「芽」になるのです。

ボランティア活動の4原則

1.自主性・自発性
ボランティアは誰かに命令や強制をされたり、義務として行うものではありません。自らすすんで取り組むことです。人から頼まれて始めることもあるかもしれませんが、活動するうちに興味が出てきて続けているなら、それも「続けること」を自分で選んだということです。

2.社会性・公共性
自分が関心を持った社会的な事柄や趣味を通じて始めた活動が継続、展開されることで何らかの形で社会へ影響を与えることになります。活動が社会への寄与をめざすものといえるでしょう。

3.無償性(非営利性)無給性
金銭的・物質的な報酬や対価を求めて行うものではありません。 見返りがあるとすれば相手と自分の心が満ちることと、出会いや新たな発見をとおして人間的な成長が得られることです。

4.先駆性・開拓性
法律や制度の不備・欠陥を先取りし、社会的な不公平や福祉問題を独自に解決していく姿勢をいいます。ボランティアは地域に暮らす住民が独自のアイデアによって創造性豊かな活動を生み出すことができるということです。

活動する上で気をつけたい10のこと

  1. 身近なところからはじめましょう!
  2. できることで活動し無理をしないようにしましょう!
  3. あいさつを忘れないようにしましょう!
  4. 「してあげる」のではなく「お互いに支えあう」という謙虚な姿勢を大切にしましょう!
  5. 相手の立場にたって行動しましょう!
  6. 約束と秘密は必ず守りましょう!
  7. 人と相談をしたり協力して活動しましょう!
  8. 安全に注意し事故やケガに気をつけましょう!
  9. 活動を振り返り反省する気持ちを大切にしましょう!
  10. 学習の機会を持ち自分を成長させましょう!