コンテンツ
  • 地域福祉・ボランティア活動情報
  • 福祉サービスを利用したい方へ
  • 福祉の仕事と資格について
  • 市町村社協・福祉事業者の方へ
  • 京都府社協のご案内

その他の項目

緊急事態宣言期間中における対面研修でのコロナ感染症対策について

各研修を受講されるのみなさまへ

 

緊急事態宣言中の開催につきましては、

1.アルコール消毒の実施

2.マスクとフェイスシールドの着用

 ※マスクとフェイスシールドについて詳しくは下記をご覧ください

3.黙食の徹底

4.会話時の注意

5.密を避ける 

など、徹底して実施いたします。 

 

※2.のフェイスシールド・マスクについて

フェイスシールドは本会で準備いたしますが、顔全体が覆われているものであれば

ご自身で持参いただいても構いません。

下記画像を参考にしてください。

府社協準備フェイスシールド○.jpg アイガード○.jpg マウスシールド○.jpg

マスクは不織布を原則といたします。それ以外のマスクを着用されている場合、その上から不織布マスクの着用をお願いする場合がございます。

 

その他詳しいことは「受講生のみなさまへのお願い」をご覧ください。