• 京丹波町社協とは
  • 加入のご案内
  • 組織図
  • お問合せ
  • アクセス地図

社会福祉協議会の活動

飲み物を購入するとその売り上げの一部が自動的に京丹波町社協へ寄付される自動販売機を、地域の事業所様のご協力で設置いただきました。

設置いただいた事業所は、ウッディパルわち様(京丹波町下粟野)と道の駅丹波マーケス様(京丹波町須知)です。

ご寄付いただいた貴重な財源は京丹波町の地域福祉活動に活用させていただきます。

4p寄付つき自販機1.JPG

4p寄付つき自販機2.jpgのサムネイル画像

▲ウッディパルわち(ウッディパルわち管理委員会)様

DSC00041.JPG

DSC00032.jpg

▲道の駅丹波マーケス(丹波地域開発株式会社)様

京丹波町社協では、寄付つき自動販売機設置にご協力いただける事業所や個人の方を募集しております。

社会貢献の取組みとしてご協力いただける場合は、京丹波町社協総務課までご連絡ください。

京丹波町社協 総務課 0771-86-1444

令和2年度 歳末たすけあい激励金申請のご案内

在宅で福祉サービスを必要とする方や、経済的な困窮など支援を必要とする方々が、住み慣れた地域で安心して新しい年を迎えていただくため「歳末たすけあい募金」を財源として激励金を助成しています。

◆対象者

対象者区分

判断基準

長期在宅療養者

① 在宅で要介護3以上の方

② 6ヵ月以上在宅で療養している方

重度障害者

① 身体障害者手帳1・2級

② 療育手帳A判定

③ 精神障害者保健福祉手帳1・2級

④ 人工透析通院患者

一人暮らし高齢者

単身で生計を維持している方で生活困窮されている75歳以上の方

母子・父子世帯

中学生以下の子供がいる世帯

※ただし、上記項目で生活上の援助を必要とする方

※町内在住の方

※特養・老健・障害者支援施設に入所、病院に入院している方は対象外。

 ショートステイ利用(概ね半月程度在宅)は対象

※生活保護受給者は対象外。

◆申請方法 11月13日(金)までに地域の民生児童委員に申請書を提出ください。

◆審査決定 12月上旬に共同募金委員会審査委員会で審査後、助成決定します。

◆申請用紙 →激励金申請書・案内.pdf

[お問い合わせ]京丹波町共同募金委員会(京丹波町社協総務課内)電話 86-1444

京丹波町社会福祉協議会では福祉に関わる情報や地元ケーブルテレビで放映された社協関連動画などを発信するため、YouTubeチャンネルを開設しました!ぜひ、チャンネル登録お願いします!

#1始まるよ~.jpg

#1動画.png←YouTubeスタート動画☆

 京丹波町社会福祉協議会では、京都府社会福祉協議会の委託を受け、所得が少ない世帯等に対して、資金の貸付と必要な相談支援を行う生活福祉資金貸付制度を実施しています。

 本制度につき、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた緊急小口資金等の特例貸付を実施します。

 特例貸付の具体的な内容は下記「緊急小口資金貸付等の特例貸付(pdf)」をご覧ください。

 お問い合わせは、京丹波町社会福祉協議会地域福祉課(82-0126)までお願いします。

 ご相談は事前に電話にてご予約ください。

緊急小口資金等の特例貸付.pdf

 京丹波町社会福祉協議会では、地域福祉活動計画に関して、意見募集を実施しましたので、その結果と意見に対する考え方を公表します。

【意見提出者数】  

ワークショップ・ヒアリングに参加いただいた64名の方、町内中学校、須知高等学校の生徒のみなさん104名の方に意見募集を実施し、延べ131名の方からご意見をいただきました。

【意見分類と件数】 事務局にて意見内容から分類

         (※1人の意見に複数の項目要素が含まれる場合、分けて整理)

※各種団体の意見

  項 目

番号

意 見 分 類

件 数

座談会『〇〇をかたろうな』の語り合いたいテーマについて

まちについて

防災・災害について

交通について

10

ふれあい・いきいきサロン活動について

高齢者支援について

子育てについて

その他

12

計画(案)について思うこと、感じたことなどをご自由にご記入ください

好意的な意見について

11

計画の実効性や具体的な箇所の修正提案等について

人口減少、後継者等について

障害者支援について

その他

12

合 計

83

↓↓↓ 団体意見結果 ↓↓↓

意見分類 (団体編).pdf

                                                                                                               

※中学生・高校生の意見

  項 目

番号

意 見 分 類

件 数

座談会『〇〇をかたろうな』の語り合いたいテーマについて

まちについて

12

防災・災害について

交通について

仕事について

若者や高齢者支援について

子育てについて

その他

計画(案)について思うこと、感じたことなどをご自由にご記入ください

好意的な意見について

27

計画の実効性や具体的な修正提案等について

10

インターネット環境についての要望

33

交通についての要望

27

街灯についての要望

12

その他

62

  合 計

206

↓↓↓ 団体意見結果 ↓↓↓

意見分類 (生徒編).pdf

京丹波町社会福祉協議会では、第1期「京丹波町地域福祉活動計画」を策定しました。

この地域福祉活動計画の主人公は住民の皆さんお一人お一人であり、子どもから高齢者

まで、誰もが参加したくなる取り組みを住民の皆さんと一緒に考え、進めていきます。

福祉計画.jpg

↓↓↓ 以下、クリックするとダウンロードできます。 ↓↓↓

表紙.pdf

京丹波町ってこんなところA3.pdf

こんなまち大人.pdf

こんなまち生徒.pdf

方針A3.pdf

裏表紙.pdf

全体 pdf

令和元年度 京丹波町災害ボランティアセンター町民講座を

11月16日(土)9時30分~11時45分

会場 山村開発センターみずほ で開催します。

大切な家族を守るための生活の知恵が学べる内容です。

皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

チラシ表.jpg

下記から申し込み書(チラシ)をダウンロードできます。

防災講座チラシ2019決定.pdf

京丹波町社協は、6月7日に丹波2市1町である亀岡市社協、南丹市社協と共に「災害ボランティアセンター協定」を締結しました。

近年多発する災害に対し、相互に協力を行うことで早急な復旧活動につなげることを目的としています。

これにより、被害が発生し災害支援活動を行う社協に対して、被害のなかった社協から職員の派遣や資機材の貸出を近隣で行い、より素早い支援活動の展開を目指します。

南丹B災害協定2.jpg

南丹B災害協定1.jpg

先月216()ガレリア亀岡にて第7回きょうと地域福祉活動実践交流会が開催されました。府内50団体による地域実践活動者のポスターセッションがあり、京丹波町からは「竹野サロン」「上和知中部村おこし委員会」「北部合同サロン」の3団体が出展され、活動を直接交流できる機会となりました。

竹野サロン.jpg

上和知中部村おこし委員会.jpg

北部合同サロン (2).jpg

平成30年度ふれあい調理実習会レシピ↓↓↓

平成30年度レシピ.pdf

第3回目男性調理実習会レシピ↓↓↓

男性調理レシピ3回目.pdf