• 久御山町社協とは
  • 加入のご案内
  • 組織図
  • お問合せ
  • アクセス地図

久御山町災害ボランティアセンター

 久御山町災害ボランティアセンターでは、東日本大震災発災から8年目となる3月11日に合わせ、「平成30年度 地域防災・減災講座」を実施しました。

 まず事務局から概要説明として、災害ボランティアセンター運営委員会の設置以降の取組、運営訓練の実施状況等を報告し、引き続いて"東日本大震災復興支援を通じて学んだこと~被災地支援での私の体験談~"と題して、京都府災害ボランティアセンター 元事務局長の秋元正保さんに東日本大震災での復興支援で体験談をお話いただきました。

DSCN2794.JPG DSCN2797.JPG

 秋元さんは「実際に赴いた発災後1週間の被災地では、テレビやインターネットを通した情報では伝わらない実態が明らかになった。6日間の支援期間の中で、インフラが壊滅し従来想定していた運営ノウハウや資機材等が全く使えず、災害ボランティアセンターの立ち上げにもままならない状況だった。このような状況下、かつて阪神淡路大震災で行った地域の人々に寄り添って避難所巡りを行うという、社協の原点に立ち返る活動から始め、当初支援活動に対して消極的だった地元スタッフに活気を取り戻してもらおうと思った」など、当時の体験談をお話しいただきました。

         IMG_7195.jpg

 参加者からは講演後、「マニュアル等が使えない時、通用しない時のヒントをたくさんいただきました」「自己暗示や自己判断で災害について意見を述べる人が多く、避難もしない人が多いのが気掛かりです」「若い世代の人にもっと知ってもらえるような機会があれば」といった意見・感想をいただきました。

 久御山町災害ボランティアセンターでは、次年度も引き続き啓蒙を行いつつ、災害時の災害ボランティアセンター組織の初動についての取組を推し進めていく予定です。

 平成30年度久御山町総合防災訓練が、11月18日(日)に久御山町中央公園を会場に実施され、久御山町社会福祉協議会は会場内において災害ボランティアセンター運営訓練を実施し、延べ117名の参加がありました。

 今回の訓練は、「訓練参加者が災害ボランティアとしてセンターへ来た」という想定で、スタッフが仮定のニーズに基づいて、参加者とニーズとをマッチングさせる内容で実施いたしました。

IMG_6675.JPGのサムネイル画像 IMG_6674.JPGのサムネイル画像

 また、災害ボランティアセンターの活動をより知っていただくため、京都府災害ボランティアセンターの職員を招き、これまでの活動実績や実体験などをパネルや資料を用いて紹介するブースを設けさせていただきました。

IMG_6682.JPG IMG_6683.JPG

 今回実施した訓練のアンケートには、「(災害時には)センターに一刻も早い対応をお願いしたい」「テレビで見ていたボランティアが実際このようなシステムになっていたんだと理解しました」など様々なご意見をいただき、今後センター運営をより円滑にしていくヒントを得られた機会となりました。

アンケート集計結果

調査項目
(1)回答者の基本属性
(2)災害ボランティアセンターについての認知度、関心の有無
(3)被災時の受援力について

回答件数
アンケート回答数:117件
(ただし該当の設問に対し無回答の方は、その設問の回答者としてノーカウント)


     picture1.jpg  アンケート集計結果はこちら

 
 久御山町災害ボランティアセンターでは、平成30年度久御山町総合防災訓練の開催に合わせ、災害ボランティアセンター運営訓練を実施いたします。
 災害ボランティアに関心のある方は、この機会にぜひご参加下さい!

日時
平成30年11月18日(日) 午前8時30分~11時30分
(訓練の開始は午前9時30分からを予定しています)
場所 久御山町中央公園グラウンド 体験・展示・販売コーナー
内容 災害ボランティアセンターの運営業務の訓練
(マッチングと呼ばれる被災者とボランティアをつなぎ合わせる役割の体験)

・会場へのアクセス
 自転車・バイク・自動車でお越しの参加者は、久御山町
 役場の駐輪場、南側駐車場をご利用下さい。
 訓練会場へのアクセスは→こちら

・天候による当日開催可否について
 小雨の場合・・・決行
 荒天の場合・・・中止
 詳細は久御山町HPをご参照下さい。HPは→こちら

 京都府災害ボランティアセンターでは、このたびの西日本を中心とする大雨災害により被害のあった京都府北部地域への災害ボランティア活動を支援するため「平成30年7月京都府北部地域を中心とする災害ボランティア活動サポート募金」を開始されます。
 お寄せいただいた募金は、京都府災害ボランティアセンターが行う災害ボランティアの活動に活用されます。
 ※この募金による税制上の優遇措置はありません。

1.募金の目的
  京都府北部地域を中心とする大雨災害に関する以下の災害ボランティア活動の支
  援・京都府災害ボランティアセンターが行う支援活動

2.期間
  平成30年7月9日(月)~平成30年8月末日
   ※約2ヶ月を予定しますが、状況により延長することもあります。

3.募金口座 京都銀行 府庁前支店 普通預金 口座 4158392
       名義:京都府災害ボランティアセンター
          被災地サポート募金 代表 余田 正典
       フリガナ:キョウトフサイガイボランティアセンターヒサイチサポートボキンダイヒョウ ヨデンマサノリ

4.お問い合わせ
  京都府災害ボランティアセンター事務局(京都府社会福祉協議会内)
   TEL:075-254-8815/FAX:075-252-6310

 久御山町災害ボランティアセンターでは、災害時の運営に必要最低限となる備品・資機材を保管するための倉庫を設置しました。

倉庫正面.JPG マグネット.JPG

 倉庫は『田窪工業所製 オリジナル物置 2517型』(間口2.5m、奥行き1.7m、高さ2.1m)で、町役場南側職員駐車場に敷設しています。

 また、倉庫内には災害用備品を収納するため『コクヨイージーラック 』を2台購入し設置しています。この収納ラックは京都府共同募金会「災害ボランティアセンター助成事業」の助成金を受け購入した物です。

収納ラック(全体).JPG 助成標識マーク①.JPG

 平成30年度には、これまで社会福祉協議会の倉庫等で保管していた災害時用備品を順次移設していきます。

~久御山町災害ボランティアセンター 運用マニュアル~

 久御山町災害ボランティアセンター運営委員会では、平成29年度事業計画において明記した、「久御山町災害ボランティアセンター運用マニュアル」の改訂について進めてまいりましたが、この度改訂の検討作業を終え、1冊の運用マニュアルとしてまとめさせていただきました。

 ▼下記より閲覧・ダウンロードして詳細をご参照ください。


  運用マニュアル.jpg   様式1~5・他.jpg       

  運用マニュアル   ・様式1~2(ニーズ票・活動報告書

           様式3(個人受付)

           ・様式4(団体受付) 

           ・災害VC活動データ集計表

           ・備品リスト

           ・オリエンテーション資料


 3月7日(火)に開催した「災害ボランティアセンター運営委員会 発足記念講演」は、『災害時の災害ボランティアセンターの役割とは?』と題して、先に発足した久御山町災害ボランティアセンター運営委員会の委員の他、民生児童委員や地域の自治会等から46名の方々にご参加いただきました。

 冒頭、京都府災害ボランティアセンターが10周年を記念して作成したDVDが流されこれまでの足跡に触れた後に、京都府災害ボランティアセンター代表 宮本隆司様による講演で、災害ボランティアセンターが災害発生の度に活動することでどのような役割を果たしてきたか、なぜ災害ボランティアセンターを常設するのか等についてお話しいただきました。

IMG_1084.JPG IMG_1087.JPGのサムネイル画像 IMG_1108.JPG IMG_1106.JPGのサムネイル画像

 また宮本代表に引き続き、同事務局長の渡邊一真様のご講演では、実際の災害ボランティアセンターの活動の様子をスライドで紹介されつつ、復旧には地域の力が大切で必要になってくる点を実際の現場で見てこられた様々な経験をもとにお話いただけました。


 今回、久御山町災害ボランティアセンター運営委員会が発足したことを受け、今後事務局を置く社会福祉協議会では、京都府災害ボランティアセンター、運営委員会の運営委員、住民の皆様をはじめ様々な立場の皆様とともに、災害時に迅速に対応をするため災害ボランティアセンターの運営を進めていきたいと考えております。

 平成29年3月7日に「久御山町災害ボランティアセンター運営委員会」が発足し、今回ご就任いただいた委員の方々で出席された9名に委嘱書を交付いたしました。

IMG_1043.JPG IMG_1051.JPG IMG_1057.JPG

 岸 喜代至 本会会長より、「平常時に運営される委員会として、自主防災組織、行政、協力団体と連携しネットワーク作りを進めていきたい」との挨拶がありました。また、信貴 康孝 久御山町長より、「災害時の活動を円滑にするだけでなく、地域で支え合いと福祉社会の実現を」との祝辞をいただきました。

IMG_4677.JPG IMG_4679.JPG IMG_4680.JPG 

 委員の紹介、委員長と副委員長の選出を行った後、平成29年度の同委員会事業計画案としてマニュアルの改訂や運用訓練の実施等について説明・協議をさせていただき、災害ボランティアセンター運営委員会がスタートを切りました。

※運営委員は別紙の皆様です。 → 運営委員会名簿(H29~31)

 平成28年熊本地震にかかる災害支援活動で、第7クール(平成28年5月21日~26日の6日間)で熊本県西原村へ本会職員1名が派遣されました。

IMG_3940.JPG IMG_3966.JPG IMG_3941.JPG IMG_3923.JPG

 地震発生から1カ月以上が経過し、避難所等に避難している被災者、また被災者でもありながら災害ボランティアセンターの運営に邁進されている地元社協職員のみなさんも疲労が見える中、社協での通常業務にいち早く戻れるよう仕事に携わらせていただきました。

 今回の役割は、にしはら地域包括支援センターの支援として、村内居住世帯への戸別訪問と取りまとめ、地域ケア会議等での議事録作成が主な支援でした。前クールにおいてほぼ全戸の訪問が済んだため、今クールでは不在だった世帯への再訪問、要配慮者の把握と今後のフォローについてを各介護事業関係者、地元の区長と情報共有する会議が開催されました。特に地元区長さんたちの被災者把握状況については、社協でも把握していない非常に重要な情報があり、西原村の各地域コミュニティーの復興には地元住民の方々の協力なしではありえないことを痛感させられました。

IMG_3908.JPG IMG_3980.JPG IMG_3988.JPG IMG_3992.JPG

 また災害ボランティアセンターのほうでは第7クール中に組織改変があり、村内3か所にあったボランティア受け入れのサテライト機能を1つに集約させた上で、社協に生活課題発掘チームを設置し、地域包括をはじめ各関係機関が必要に応じて連携していくという形になり、その組織体制での始動のタイミングをもって次期クールへの引き継ぎをさせていただきました。しかし体制の構図は変わったものの、現地ニーズ調査によるとボランティアの支援が必要な世帯がまだ残っているとのことから、引き続き災害ボランティア支援の必要性があるものと思われます。

 久御山町社会福祉協議会では、災害に備えるため平成28年度から「久御山町災害ボランティア事前登録制度」の運用を開始することとなりました。
 この制度は、久御山町内で発生した洪水・地震等の災時に、被災者支援・生活支援の災害ボランティアとして自主的な活動をしようとお考えの方を事前に登録する制度で、登録条件は町内外を問わず、団体でも個人でも登録が可能です。(15歳未満の方は保護者の承諾が必要)

 登録に必要な書類については、下部よりダウンロードをお願いいたします。

          事前登録ちらし.pdf      事前登録_要綱.pdf

          ・個人申込書.pdf        団体申込書.pdf

          ・15歳未満登録承諾書.pdf