• 精華町社協とは
  • 加入のご案内
  • 組織図
  • お問合せ
  • アクセス地図

地域福祉活動

 北ノ堂小地域福祉委員会「北ノ堂福祉見守り隊」が発足
して6年がたちました。

このたび、6年間の活動報告書と平成27年に65歳以上の
自治会員を対象に実施したアンケート結果を
冊子
「安心して住み続けられる北ノ堂をめざして」として
まとめられました。

 北ノ堂福祉見守り隊の活動をもっと知りたい方や冊子
を読んでみたい方は、こちらをご覧ください

空いてる時間を活用しませんか?

ふれあいサポート事業とは、精華町にお住まいで、高齢や障がい、病気やケガ、子育てなど何らかの理由で日常生活において援助を必要とする方(利用会員)に地域の協力者(協力会員)が家事援助などのサービスを提供する会員制の福祉サービスです。

おおむね70歳までの心身ともに健康で、「空いてる時間でちょっとした手助けができれば・・」という方、協力会員として活動しませんか?

☆協力会員募集のチラシについてはふれサポ協力会員募集チラシ.pdf

あなたもサロンへ参加しませんか?

 ふれあいサロンとは、閉じこもりや地域での孤立を防止し、いつまでも元気に

 イキイキと暮らすための誰もが 気軽に立ち寄れる集いの場 です。

 地域で暮らす高齢者や障がいを持つ人、子育て中の親子などが集い、絆 を深める場

でもあります。

IMG_0184.JPGIMG_0247.jpgのサムネイル画像  IMG_3919.JPG

ぜひ、ご参加ください!! 精華町サロンマップはこちら

小地域福祉委員会活動の推進

共同募金配分事業

ふれあいサポート事業

福祉体験学習

高齢者に関する事業

小地域福祉委員会活動の推進


 自治会ごとの小地域を単位として活動する小地域福祉委員会活動を推進しています。
 「小地域福祉委員会モデル地区」はこちら(PDF)です。

○小地域福祉委員会とは・・・もちつき.jpg
 社協が進めようとする、よりきめ細かな地域福祉活動を推進するための組織です。住みなれた地域で人としての尊厳を保ちながら、安心していきいきとした生活を続けるためには、地域住民みんなが協力し合い、たすけあい、支えあうまちづくりを進める事が大切です。精華町社協では、活動の推進役として「地区福祉推進委員」を配置し、自治会単位の小地域福祉委員会活動を推進しています。福祉体験学習1.JPG


地区福祉推進委員とは・・・
 地域での助け合い活動を展開して、主に地域住民とともに「福祉のまちづくり」をすすめていく推進役です。小地域福祉委員会を進めていく上で、中心的な人物であるといえます。しかし、小地域福祉委員会は地区福祉推進委員のみで活動するものではありません。地域住民とともに事業の企画を立案したり、時にはリーダーシップを取ることが必要となることもあります。また人間の豊かさ、公平さ、責任感、当事者の立場に立てること、相手のプライバシーを守れることなども大切な要件です。
◎小地域福祉委員会活動の動画はこちら♡ 
   光台六丁目小地域福祉委員会活動 ⇒ バナー3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
   舟区小地域福祉委員会活動 ⇒バナー3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
社協はどうやって支援するの?
 ・小地域福祉委員会が取り組む事業に関してどのような取り組みをすればよいか一緒に考えます。
 ・小地域福祉委員会が行うモデル事業を提示します。喫茶なごみ.jpg
 ・活動に対する必要な経費の一部を助成します。

○小地域福祉委員会以外の活動について

 自治会ごとの小地域福祉委員会が組織されていなくても、地域のふれあいを目的としてふれあいサロン活動が行われています。どの地域で行われているかは、社協地域福祉課までお問い合わせ下さい。
サロンとは
 高齢者や子育て中の親子と住民が、気軽に・無理なく・楽しく・自由に集い、それぞれの興味や関心にあわせた活動や一緒にお茶を飲んだり、食事をすることにより、楽しいひとときを過ごす仲間づくりの活動の場です。
◎サロンの様子がわかる動画はこちら♡
   ◎HAPPYサロン精華台 ⇒ バナー3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

このページのトップへ

共同募金配分事業

住民のみなさまから寄せられ共同募金配分金を財源として以下の事業を行っています。助成金には、それぞれ申請期間がありますので、地域福祉課へお問い合わせ下さい。

○社会福祉団体等助成事業
精華町において草の根的に取り組まれている先駆的社会福祉事業、又は町内における社会福祉の充実並びに健康づくりに関する活動に対して、豊かな福祉社会の実現に寄与する事を目的に活動費の一部を助成します。
【対象団体】
町内で社会福祉や健康づくりの分野において、自主的かつ継続的に活動している団体で、次のいずれにも該当する団体。
①団体の結成から丸1年を経過し、団体としての活動実績があること。
②団体の構成員が5名以上あること

夏休み児童地域福祉活動
精華町内の小学生を対象として、社会福祉への理解と関心を高めるため、夏休みの期間中の体験・交流活動を行う自治会に対して活動費の一部助成を行い、自主的で継続的な地域福祉・児童福祉活動を促進していくことを目的としています。
【対象者等】
この事業の対象者及び団体等は、児童が居住する地域の自治会。
○その他の助成事業
町内で活動されている各種福祉団体に活動助成を行っています。

このページのトップへ

ふれあいサポート事業

 この事業は、日常生活を営むのに支障があり、なんらかの理由で公的な福祉サービスの利用が困難な方に対して、住民相互のたすけあいによる福祉サービスを提供することで、在宅福祉の充実と住民の福祉活動への参ふれサポ1.JPG加意識の向上を資することを目的としています。
 
この事業の利用にあたっては、会員相互が気兼ねなく、たすけあいの活動を継続するために、会員相互が負担とならない程度の料金をお支払いいただきます。

 ☆ふれあいサポート事業のパンフレット
こちら(PDF)

itigoaikon.gif ボランティア精神に基づいて福祉活動を行っていただける方(協力会員)を大募集していますので、関心のある方は精華町社協地域福祉課(電話94-4573)までご連絡ください。

 協力会員の募集についてこちら(PDF)

○必要な手続き 
  ふれあいサポート事業登録申請書にて会員登録の手続きを行います。本会地域福祉課までお申込みください。

○サービス利用時の注意事項
  利用申し込みは、原則として1週間前までに電話または本会地域福祉課窓口までお申込みください。

○利用料   
 
30分あたり350円(お申込み時に利用券を購入していただきます)
 ※生活保護受給者を対象に利用料の減免制度があります。

○保険  
 
活動中の事故に備えて、賠償責任保険及び傷害保険(協力会員のみ)に加入しています。

 このページのトップへ        

福祉体験学習

   町内の小中学校が実施する福祉体験学習を支援しています。学校では、車いすや手話・点字・高齢者疑似体験などの体験学習やデイサービスに参加している高齢者との交流なども行なわれています。

福祉体験学習1.JPG

福祉体験学習2.JPG

このページのトップヘ

高齢者に関する事業

高齢者のみなさんが生きがいを持ち、安心して暮らしていくための支援を行っています。

○ひとり暮らし高齢者の会「若葉会」若葉会.JPG

  ひとり暮らし高齢者の方々が親睦をはかり、交流を深めることを目的に毎月1回定例会が開催され、15名~20名の方が様々な行事に取り組んでいます。
《活動内容》
☆お花見
☆福祉制度や健康についての勉強会
☆誕生日会

                         勉強会の風景↑           

                          

○テレフォンサービステレフォン.JPG

  月に1~3回程度、安否確認を兼ねてボランティアが利用者宅に電話をかけるサービスです。

  

このページのトップへ